夢を追いかけていた日のことを思い出して

あまりはっきりとは書きませんが、とても心に残るいくつか (主に2つ) の経験が出来たことで、理想や夢に向かうことの大事さ、そして自分の夢に夢中になる気持ちを思い出す形になりました。

なので、経験についてはぼかして書きつつ、夢に向かう気持ちをもう一度燃やしていきたいと思い、短めの記事を書きます。

 

 

これはある1つの経験…いや奇跡的にも2つですね…から受け取ったメッセージですが、素顔っていうのはこのご時世じゃなくても、なかなか見せられない、あるいは自分でも分からないものだったのですよね。考えてみれば。

 

「これが自分」ってはっきり言えない中でも、分からないなりに、あるいはうまく工夫して繕って、それで進んでいく。そうすることの大事さを、しみじみと感じることになりました。

 

単純に出来事を通じてとても応援されて、もう一度夢に向かいたいと思った理由としてはそれがメインでもあるのですが。でもそれだけじゃなくて、曲がりなりにも進むので構わないんだという言葉を聴いたり、動きを見たりして、それで何かこう心の底からふつふつと勇気づけられました。

 

ただ、もちろん曲りなりに進むと言っても、ただ明日を今日よりよく過ごそうというのと、1つ大きめの目標を持つのとは、ちょっと違いますよね。

もちろんどちらのほうが偉いとかは無いんですけど、今の自分は、去年心に抱いたはずの後者が弱くなってきちゃってて、いつしか前者だけになってしまって。

その目標のことだけ考えるとかじゃなくて、時々思い出すとかだけでも良いから、やっぱり目標を胸に抱きながら時間を過ごしたいなって。そうすることで、日々の充実感を得ていたはずなんです。

 

火がついたはずの目標は、すぐに止まるようなものではなく、いまも生煮えのままになっていると思うのですが、時間が無いとか、他にやりたいことがあるとかって、自分に言い訳していたな、やりたいことをやれてなかったな、と思いました。

でも、短期的に来月はひとまずこうなっていたいっていうモチベーションと、長期的に遠い目標を夢見る自分とは、やっぱりどっちが本物というわけでも無いのでしょう。だから、夢に素直になるからといって、前者をやりたい気持ちを無碍にしなくても良いんだろうなって。

 

あまり器用ではないので、1つやり始めるとかかりっきりになってしまう自分なので、今はたまたま前者に全振りしつつありましたけど、根底に流れる血のようなものとしても後者もまた温めよう、一直線でなくてもいいから。そんなことを考えたのでした。

 

それではここまでありがとうございました!

 

メタな話ですが、私のささいな夢は、やっぱりテキストを書くことです。

また、何らかのテキストのどこかでお会いしましょう!