ライブ感想

笠寺の夜は、昨日までの時間が明日を眩しく照らす Liella! 2nd に参戦して

こんにちは。センケイです。 Aqours もニジガクも好きで忙しくしていたこと、加えて自分はどちらかというと連チャンで自分がライブに行くことに抵抗がある人間だったので (臨場感や大音量に慣れてしまうと楽しみが何割か減ってしまうのではないか、と勝手に…

外の世界はときに行く先に、鞄に、そして光の中に

こんにちは。センケイです。 ツイッターや記事では WONDERFUL STORIES の話ばかりして来ましたが、やっぱり自分の中でスイッチが入り始めたのは PURE PHRASE からであって、忘れられない光景として焼き付いています。 これは、その焼き付いた理由もそうだし…

海と太陽の接合は、過去と未来が接し合う場所

こんにちは。センケイです。参加を諦めたライブや参加できないでしまったライブ、ついぞ存在しないでしまったライブなど、私たちはきっといくつものいくつもの悔しい思いをしてきたものだと思います。埼玉県には、そんな私たちの悔しさが幾つもあって。とう…

海の道から来、これからも続いていく昨日のこと

こんにちは。センケイです。 実は最初にカミングアウトしてしまうと、流した涙の量だけで言えば、去年の CYaRon!や、今年一月の劇場放映「Aqours First LoveLive! ~Step! ZERO to ONE~」のほうが、そのボリュームが多かったと思います。 時代的な閉塞感や…

あの日のはじまりに歌われた未体験HORIZON のことを、今振り返る

こんにちは。センケイです。 かれこれあの記憶に残るお祭りから2年経つんですね。とても意味のある時間だった、さいたま市でのそのひととき。 しかし自分としては今の所、μ's パートしか書けずに「エターナっ」てしまっていました。ですが、やはりあのとき…

CYaRon!2nd LoveLive! 感想 夏が過ぎた先にある青さと胸の熱さ

こんにちは。センケイです。 厳密な基準を設けているわけではないですし、まだ手洗いマスク等十分に気をつけたほうがいいという意識があるので、ライブについてはしゃぐかどうか、その一環として記事を書くかどうかには迷いがありました。 が、2つの理由か…

Astral Harmony 感想 音は不安を洗い流し意志を運んでいく

こんにちは。センケイです。 BanG Dream!、ライブが開催されつつあるのは片目に見ていました。 しかしあいにく夏頃のライブは、ちょうど Aqours のライブが見送りになった頃でもあったために、何となくライブに行くこと自体に後ろめたさを感じており。そうこ…

μ's は幻なんかじゃない

μ's がもう一度見れる日が来るなんて、 フェスが開催されると知った日であっても、 チケットを手にしたと知った日であっても、 依然、信じられずにいました。 千本浜の夕涼みのなかで見た e+ からの通知に大いに喜ぶも、 それが本当なのだとわかるまでには …

~Give Me Five!!!!!~ 音楽の入りこむ、大橋彩香さんのライブ参戦レポート

こんにちは。センケイです。 表題のライブにいって参りました。 もともとかなり期待して参戦しましたが、 期待以上の事があまりにも起こり、 感情を突き動かされるライブとなりました。 さて、私は色々なファンをしているオタクなので、 まずはなぜ、推し多…

音楽の形式、その刷新を体感する NO GIRL NO CRY レポート

アニメと音楽、奏者と聴衆を架橋する RAISE A SUILEN 身体が生み出していく場 バンドサウンドからアニメへ 技術の美と構成の美、 SILENT SIREN 先輩としての暖かさ 無音の音楽、恋のエスパー 未来でもなく過去でもない『二重の虹』 未来ではなく現在 現在に…

ラブライブ!化する社会で希望を見出すための Aqours 3rd LIVE レポート

自己充足的な空気に対するささやかな疑念 少女たちの歌は閉塞した現代社会に突破口をもたらすのか 一点透視法的な真理からの脱出と集合知的アニメティズム 潜在的な可能性と偶発的な将来の獲得 いま・このときの追求と自己組織化的視点 自己物語の通時的構築…